トップ>利用規定



利用規定

以下記載の各コンテンツのライセンスは、2009/10/01よりコピーレフトに移行しています。


Wikipediaでの定義
・著作物の利用、コピー、再配布、翻案を制限しない
・改変したもの(二次的著作物)の再配布を制限しない
・二次的著作物の利用、コピー、再配布、翻案を制限してはならない
・コピー、再配布の際には、その後の利用と翻案に制限が無いよう、全ての情報を含める必要がある(ソフトウェアではソースコード含む)
・利用、コピー、再配布、翻案のいずれにおいても、複製物又は二次的著作物にコピーレフトのライセンスを適用し、これを明記しなければならない


スクリプト全般について

1.このサイトで公開しているスクリプトは、どなたでも自由に利用する事が出来ます。
  シェアウェアであると明記されていないものは、全て無料です。

2.スクリプトの著作権は、The Room に帰属します。
  著作権表示は消す事は出来ません。

3.動作確認は、Perl5.00502・サーバはFreeBSD(Unix)で行っています。
  これ以外の環境では、こちらの意図しない動作をしたり、動かない場合もあります。

4.スクリプトを改造して使用することは自由です。

5.スクリプトを改造し再配布する場合は、必ずこちらにメールを送ってください。
  その場合も、著作権表示を消す事は禁じます。
  こちらのシェアウェアの再配布は禁止します。
  また、シェアウェアとして再配布を行う場合は、事業者登録が必要です。

6.スクリプトを利用した事によるいかなる損害も一切の責任を負いません。

7.スクリプトを使用して収益を伴う場合は、事業者登録が必要です。

8.当サイトに不利益が生じる可能性・または生じた場合は、スクリプトの使用を一方的に中止させていただきます。

9.この利用規定は、予告無く変更される場合があります。


著作権表示について
上記2の詳しい説明です。
これは、著作権の主張であり、サイトのHit数の命綱でもありますので。

とにかく「見える」ようにしてください。
以下のようなものは絶対にしないでください。

・リンクの色を背景色と同じにする、または同じようにして見づらくする。
・著作権の文字表示を極端に小さくする。
・自分のページのリンクを著作権表示の近くに貼り、それが著作権表示の書き換えに見える。
・改行タグを多量に挿入し、著作権表示を遥か下に表示させる。などなど…

意図せずにこのような事を行った場合も、著作権侵害行為であるとみなされますのでご注意下さい。
著作権法について詳しく知りたい人は→http://ha1.seikyou.ne.jp/home/ueno/

デザインの多少の変更はOKです。


再配布について



いくつか条件があります。

時と場合によりますが、基本的に転載は不可です。なんらかの改造を行っているもののみ許可します。
改造も、CGIを知らないユーザーでも出来る程度のものだと、許可は出来ません。
例えば色だけ変更など。

著作権表示は消さないで下さい。
The Room の著作権表示の近くに、改造者が分かるように書いてください。

その再配布を行うページに、The Room の利用規定のページへのリンクを貼ってください。
(http://dream.lib.net/room/rule.html)

シェアウェアの再配布は禁止とします。
戻る